愛知県春日井市在住 ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 4人の子育て真っ最中 


by ライフオーガナイザー伊藤佳奈
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


愛知県常滑市にあるINAXライブミュージアム
に子供たちを連れて行ってきました。

目的は「光る泥ダンゴ作り」体験でした。
でもこの日は「光る泥ダンゴ第1回全国大会」開催日
なので一般人「光る泥ダンゴ作り」体験は残念ながら
できませんでした


春日井市在住、
ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 です。
心地いい空間でこどもとの楽しい時間を持ちたい!
あなたの整理の味方になりたいです




何もしないで帰るのはもったいないよね~と気持ちを転換!
ライブミュージアム館内の陶楽工房にて
ミニクリスマツ・ツリーを作る事にしました。
モノ作り・工作大好きな子供たちは泥ダンゴの事はすっかり忘れて
ノリノリ♪で作業を始めました。

a0321944_09031602.jpg

私はその間館内をグルグル巡り、周りの人が何を作っているか覗いたりしていました。
それにしてもこの館内はとてもキレイ★
工房なのに整理整頓もスッキリとされてて、ゴミも落ちてない。


理由はココにありました。

a0321944_09032053.jpg




 子供たちが自分で使ったものを
「片付ける」
おかたづけコーナーです!

我が家の子供たちは使い終った道具をパズルをはめるように
「これは~ここで~♪」「ごみは~ここね~♪」
と楽しそうに片付けをしていました。
館内のスタッフの方はきっと
使った本人=子供たち
に片づけて欲しいのだと思いました。
とても分かりやすい片付けの仕組みだと思いました。
自然に子供たちが「片付け」をできる環境を作るのは
当たり前のようで意外と面倒だったりするかもしれません。
でもスタッフの方たちの気持ちがとても素敵だなと
思いました。

ミニクリスマス・ツリー完成品はこちら
a0321944_23580569.jpg

かわいいタイル(さすがINAXさん)をぺたぺた張って
次回は「光る泥ダンゴ作り」にリベンジ!に行くぞ
ちなみに「光る泥ダンゴ」とは・・・?
コチラ(画像お借りしました) 魅力的じゃないですか?

a0321944_00040786.jpg
最後まで読んでいただきありがとうございました
子育て
インテリア・収納



# by azuki_lo_kinaco | 2015-12-20 07:07 | ライフオーガナイズ | Comments(0)

先日、春日井市立西山小学校様で「小学生と片付け力」講座を開催しました!
 →「小学生と片付け力」講座開催①の記事はコチラ


春日井市在住、ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 です。
心地いい空間でこどもとの楽しい時間を持ちたい!
あなたの整理の味方になりたいと思っています。

a0321944_11413851.jpg

講座では、「小学生と片付け力~片付け力は夢を掴む力になる~」という
テーマでお話をしました。
なぜこのテーマで講座をしたのかというと・・・
ライフオーガナイズの片付けを学んで私自身はもちろん
同じ小学生のお母様にぜひ片付けを子育てのツールとして
知ってほしかったからです。

講座の中では長女の机の片付け実例をもとに、
10歳の長女がどんな事を考えながら、モノと向き合い整理して 
最後に 
答え=自分にとっての気持ちのいい机

を導き出していくのか・・・?
「片付け力」とリンクしながらお伝えしました。

「片付け力」といってしまうと片付けは能力なの?
と思う方もいるかもしれません。
私の考えでは「片付け力」は頑張って鍛え上げる能力とは少し違い

誰でも身につけることができる魅力になるのではないかと思います。

「片付け力」
を身につけた子供は
自立して前向きな生き方ができる→将来の夢を追う・つかむ事ができる
そんな私の思いや願いも講座の内容に入ってます。

今回は机をテーマにしましたが、今後は子供部屋のクローゼットやリビングのおもちゃコーナーなども加えた講座内容にしていきたいと考えています



実は今回の講座は私にとって初の講座開催でした。
私に講座なんてできるの?とずっと思っていました。
ライフオーガナイザーになって仕事をしたいと思いながらも
行動が伴わない私に仲間や先輩のライフオーガナイザー
の方々が背中を後押ししてくれました。
まるで鉢植えの種を育てるかのように・・・
それもどんな花が咲くか?咲かないかもしれない種に
たっぷりの栄養や水や日差しを与えてくれました。
本当にありがとうございました。
私はまだまだやっと芽のほんの先が出たばかり
これからは自分でもちゃんと成長していけるようになりたいです。

今年もあと残りわずかですね。
一年間支えあい頑張った家族に感謝をしながら
残りの2015年を過ごし
来年の目標も考えて決めたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました

子育て
インテリア・収納










# by azuki_lo_kinaco | 2015-12-14 07:07 | ライフオーガナイズ | Comments(0)
おはようございます

春日井市在住
あなたの整理の味方!

ライフオーガナイザー伊藤佳奈です。

ライフオーガナイズを通して暮らしの中にキラッ☆輝く宝石を
子供と暮らす楽しい生活の☆ヒント☆探しをしています

a0321944_16102070.jpg
12月10日(木)春日井市立西山小学校様にて「ふれあい教育セミナー」に講師としてお招き頂きました。


テーマは「小学生と片付け力~片付け力は夢を掴む力になる~」


当日は午後から個人面談もあるという忙しいタイムスケジュールの中
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
自己紹介タイムやシェアタイムを受け入れて頂きおかげで
終始和やかな雰囲気でお話しできました。 
初の講座で緊張している私も最後までやり遂げる事ができたのは
参加者の皆様のおかげだと思っています。
休憩時間には校長先生も一緒に「利き脳」談話に参加してくださり
とても盛り上がりました。

ライフオーガナイズの「価値観」を取り入れた「片付け力」

「片付け力」
を通して自然と身に付く子供たちのとは?

そしてそのが将来自分が描いた夢や目標に向かって進んでいく更なるにもなる!

それを支えるサポーターは? どんなサポートをすればいい?などを実例を交えながら
お伝えしました。


「今日一番印象に残ったこと・分かったこと」
アンケート結果はこのようでした。

・目標をたてることが大事だということが分かった。
・片付けるという事はいろいろな力(判断力)などを使っている事。
・ひとりひとりに合った片付けの方法、使いやすさがあるということ。
・片づける力をつけると夢をつかむための力も手に入れやすくなること。
・忍耐力を育てていきたいと思った。
・利き脳について 個人個人で違うというのは家族でも部屋の環境の
 心地よさにも違いがあるというのが印象的だった。
・汚部屋の写真を見てああはなりたくないと思った。
・利き脳というのを初めて聞いて勉強になりました。

「ライフオーガナイズ」という言葉を初めて聞いたという皆様でしたが、
「ライフオーガナイズ」の整理術を今後ぜひ役に立てていただけたら光栄です。

西山小学校の皆様ありがとうございました


# by azuki_lo_kinaco | 2015-12-12 07:07 | ライフオーガナイズ | Comments(0)
おはようございます
冬本番に近づいてますね。

春日井市在住
あなたの整理の味方!
ライフオーガナイザー伊藤佳奈です
ライフオーガナイズを通して暮らしの中にキラッ☆
輝く宝石を
子供と暮らす楽しい生活の☆ヒント☆を探しています


「寒い」と一日に10回くらいつぶやいてしまします。
実は仙台生まれの新潟・秋田・岩手で育った雪国女です。
そういえば雪国の人はあえて『寒い』と言わないな~
雪国は冬に『寒い』のは当たり前、それを受け入れてるんだな♪
すっかり太平洋側の暖かい愛知の環境に慣れてしまった私

a0321944_16344801.jpg
今日は第3回ママの文化祭出展のお知らせです!
昨年に続いて今年も出展することが決まりました。
先日出展説明会に参加してきました。
『子はかすがい子育てもかすがい』
をモットーに活動されている
NPO法人あいちかすがいっこ様に今年もお世話になります。
このテーマすごく覚えやすくていいですよね!
春日井市の良さはたくさんありますが
子育て環境がすごくいい所が私も大好きです。


今回は「整理の味方!Preciousプレシャス」という名前で
ワンコインお片付け・収納相談を行います。
詳細はこれから徐々に発表していきます。
プレゼントもいろいろ用意されていますので
2016年1月22日(金)
はぜひ会場の春日井市総合体育館まで
遊びに来てください!

出展者説明会で俄然やる気を引き出してくれた強い味方。
前田恭子さん
出展や集客に関するポイントをお話をしてくださいました。
ユーモアもありポイントをキッチリ話す恭子さんのトーク
とても楽しかったです♪
a0321944_09030549.jpg


# by azuki_lo_kinaco | 2015-12-02 07:07 | ライフオーガナイズ | Comments(0)
a0321944_15152906.jpg
子供の小学校PTAで行われた

「いのちの話」~親子でいのち(性)を語るためのエッセンス~

セミナーに参加してきました。

参加理由はズバリ「性」の話をするのを苦手だと感じているから・・・
長女は10歳4年生、これからの成長に伴う身体の変化にどうやって話をして伝えていけばいいのか正直まったく自信がないからです。

子育てをする中で親なら逃げてはダメな事なんだと改めて感じました。



春日井市在住、
ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 です。
心地いい空間でこどもとの楽しい時間を持ちたい!
あなたの整理の味方になりたいです



講師は助産師の梅木美恵子←clikさん。
美恵子さんも同じ春日井市在住の4人のお子さんを持つママです。
どんな質問にもハッキリ答えてくれる美恵子さん。
体験談を交えながらのお話はあっというまの2時間でした。

親が子供に正しい「性」の知識を教える理由・・・
それは大変なことが起こってしまってからでは、
大切な子供が一番傷ついてしまうから
と美恵子さんはおっしゃってました。

私が「性」について苦手意識があるのは、
私たちの親世代に「性」を語ることがタブー視されたという
時代の背景が関係しているようです。
親世代,特に女性は「性」は秘事と教育されていたそうです。
確かに我が家もラブシーンがテレビに出ると家の中の雰囲気が
気まずくなりました。チャンネルを無言で変えるとか・・・
オープンな雰囲気の家族ではなかったので、母親と直接「性」の話をしてない気がします。
時代の背景もあったのですね。

私は子供たちにちゃんと「性」について話そうと思いました。
私みたいな苦手意識がある人向けにオススメの本(そっと机において置くそうです)や
分かりやすい人体模型がある公共施設なども教えてくれました

ちょうど今、「コウノドリ」という出産をテーマに
いのちの尊さを描いてるドラマがあります。
出産シーンが毎回必ずあってかなりリアルです。
毎回私は泣いてしまうほど・・・
初回から録画をして子供たちと観ています。
10歳の長女から4歳の末っ子長男までかなり真剣に観ます。
ドラマを見ながら子供たちがいろんな質問をしてくるのですが
私はごまかすような事はしないで本当の事を伝えています。
子供たちの反応は・・・?「へーそうなんだ」と驚きもせず
いたって普通です。
受け入れがとてもスムーズな事に私が驚く感じです。
「性教育」は低年齢であればあるほど受け入れがスムーズで
自己肯定感も芽生えるそうです。

美恵子さんのセミナーに出ていなかったら、適当にごまかしていたかもしれません。

いのちのバトンは親から子供へ・・・
「性」の正しい知識も親から子供へ・・・

私はセミナーに参加して良かったです。
みなさんはどう思いますか?

最後まで読んで頂きありがとうございました



# by azuki_lo_kinaco | 2015-11-18 08:08 | 学び | Comments(0)
a0321944_10464499.jpg
先日、ライフオーガナイザー兼「食」のプロあさおかまみちゃんの紹介で
「NPOフードバンクかすがい」の柴垣さんにお会いする事ができました。
『食』の情報にうとい私は「フードバンク」という言葉を知ったのは
つい最近です。

活動に関してはこちらをクリック
「NPOフードバンクかすがい」

柴垣さんと私の共通点は同じ春日井市在住。
その共通点をまみちゃんが私までつなげてくれました。感謝!

柴垣さんは1人で「NPOフードバンクかすがい」を立ち上げたそうです。
日本全体が、そして春日井市も同じようにたくさんの食料品が廃棄される現実。
その事に居ても立ってもいられなくなったそうです。
強い信念の持ち主の柴垣さん。

実は「フードバンク」の活動と「ライフオーガナイズ」の活動って
似てるところ=共通点があるんです。

まず1つめは先ほど書いた「食料品の廃棄を減らそう」という考えです。
「ライフオーガナイズ」でも『食』に関わる場所を整えます。
キッチン・冷蔵庫・食品ストッカーを整理して整えることで
無駄な廃棄を減らしたいと願っています。
実は名古屋でも今年の6月にライフオーガナイザー主催の
「サルベージパーティー」
が開催されました。
料理の写真は↑まみちゃんのブログへクリック
余った食材を持ち寄り、それをレストランのシェフが見事に素敵な料理に変身
してくれたそうです。←私は都合で行けなかったのでとても残念でした



つぎに2つめは「困っている人を助けたい」という思いです。
私たちは片付けや収納の方法に悩んでいる人に
ライフオーガナイズという方法で・・・
それぞれに合った片付け方を探し出しサポートます。
「フードバンク」はまだ十分食べられる食品を企業や個人から引き受けて
福祉施設や団体や個人に提供しているそうです。

違う職種の2つの団体が同じ目標へ違う角度からアプローチしている!
素敵なつながりですよね♪

春日井という地元方の
「片付け・整理の味方になりたい!」
という私の思いも感化されて
やる気モード全開で家に帰ってきました



# by azuki_lo_kinaco | 2015-11-13 08:08 | ライフオーガナイズ | Comments(2)