愛知県春日井市在住 ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 4人の子育て真っ最中 


by ライフオーガナイザー伊藤佳奈
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0321944_15152906.jpg
子供の小学校PTAで行われた

「いのちの話」~親子でいのち(性)を語るためのエッセンス~

セミナーに参加してきました。

参加理由はズバリ「性」の話をするのを苦手だと感じているから・・・emoticon-0138-thinking.gif
長女は10歳4年生、これからの成長に伴う身体の変化にどうやって話をして伝えていけばいいのか正直まったく自信がないからです。

子育てをする中で親なら逃げてはダメな事なんだと改めて感じました。



春日井市在住、
ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 です。
心地いい空間でこどもとの楽しい時間を持ちたい!
あなたの整理の味方になりたいです



講師は助産師の梅木美恵子←clikさん。
美恵子さんも同じ春日井市在住の4人のお子さんを持つママです。
どんな質問にもハッキリ答えてくれる美恵子さん。
体験談を交えながらのお話はあっというまの2時間でした。

親が子供に正しい「性」の知識を教える理由・・・
それは大変なことが起こってしまってからでは、
大切な子供が一番傷ついてしまうから
と美恵子さんはおっしゃってました。

私が「性」について苦手意識があるのは、
私たちの親世代に「性」を語ることがタブー視されたという
時代の背景が関係しているようです。
親世代,特に女性は「性」は秘事と教育されていたそうです。
確かに我が家もラブシーンがテレビに出ると家の中の雰囲気が
気まずくなりました。チャンネルを無言で変えるとか・・・
オープンな雰囲気の家族ではなかったので、母親と直接「性」の話をしてない気がします。
時代の背景もあったのですね。

私は子供たちにちゃんと「性」について話そうと思いました。
私みたいな苦手意識がある人向けにオススメの本(そっと机において置くそうです)や
分かりやすい人体模型がある公共施設なども教えてくれましたemoticon-0159-music.gif

ちょうど今、「コウノドリ」という出産をテーマに
いのちの尊さを描いてるドラマがあります。
出産シーンが毎回必ずあってかなりリアルです。
毎回私は泣いてしまうほど・・・emoticon-0106-crying.gif
初回から録画をして子供たちと観ています。
10歳の長女から4歳の末っ子長男までかなり真剣に観ます。
ドラマを見ながら子供たちがいろんな質問をしてくるのですが
私はごまかすような事はしないで本当の事を伝えています。
子供たちの反応は・・・?「へーそうなんだ」と驚きもせず
いたって普通です。
受け入れがとてもスムーズな事に私が驚く感じです。
「性教育」は低年齢であればあるほど受け入れがスムーズで
自己肯定感も芽生えるそうです。

美恵子さんのセミナーに出ていなかったら、適当にごまかしていたかもしれません。

いのちのバトンは親から子供へ・・・
「性」の正しい知識も親から子供へ・・・

私はセミナーに参加して良かったです。
みなさんはどう思いますか?

最後まで読んで頂きありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif



by azuki_lo_kinaco | 2015-11-18 08:08 | 学び | Comments(0)
a0321944_10464499.jpg
先日、ライフオーガナイザー兼「食」のプロあさおかまみちゃんの紹介で
「NPOフードバンクかすがい」の柴垣さんにお会いする事ができました。
『食』の情報にうとい私は「フードバンク」という言葉を知ったのは
つい最近です。

活動に関してはこちらをクリック
「NPOフードバンクかすがい」

柴垣さんと私の共通点は同じ春日井市在住。
その共通点をまみちゃんが私までつなげてくれました。感謝!

柴垣さんは1人で「NPOフードバンクかすがい」を立ち上げたそうです。
日本全体が、そして春日井市も同じようにたくさんの食料品が廃棄される現実。
その事に居ても立ってもいられなくなったそうです。
強い信念の持ち主の柴垣さん。

実は「フードバンク」の活動と「ライフオーガナイズ」の活動って
似てるところ=共通点があるんです。

まず1つめは先ほど書いた「食料品の廃棄を減らそう」という考えです。
「ライフオーガナイズ」でも『食』に関わる場所を整えます。
キッチン・冷蔵庫・食品ストッカーを整理して整えることで
無駄な廃棄を減らしたいと願っています。
実は名古屋でも今年の6月にライフオーガナイザー主催の
「サルベージパーティー」
が開催されました。
料理の写真は↑まみちゃんのブログへクリック
余った食材を持ち寄り、それをレストランのシェフが見事に素敵な料理に変身
してくれたそうです。←私は都合で行けなかったのでとても残念でしたemoticon-0106-crying.gif



つぎに2つめは「困っている人を助けたい」という思いです。
私たちは片付けや収納の方法に悩んでいる人に
ライフオーガナイズという方法で・・・
それぞれに合った片付け方を探し出しサポートます。
「フードバンク」はまだ十分食べられる食品を企業や個人から引き受けて
福祉施設や団体や個人に提供しているそうです。

違う職種の2つの団体が同じ目標へ違う角度からアプローチしている!
素敵なつながりですよね♪

春日井という地元方の
「片付け・整理の味方になりたい!」
という私の思いも感化されて
やる気モード全開で家に帰ってきましたemoticon-0116-evilgrin.gif



by azuki_lo_kinaco | 2015-11-13 08:08 | ライフオーガナイズ | Comments(2)

ライフオーガナイズを通して暮らしの中にキラッ☆輝く宝石を。
子供と暮らす楽しい生活の☆ヒント☆
を探しています。

私が春日井市に引っ越してきたのは今から約4年前
2011年3月15日でした。

その4日前には東日本大震災がありました。
東京都の八王子市からここ春日井市に主人の転勤で越してきました。
今でも東日本大震災直後で、余震に怯えながら不安な気持ちで
春日井市に来た日の記憶は今でもはっきり覚えています。

初めの2年間は借家に暮らしていて
斜め向かいには大家さんが住んでいてました。
本当の家族のようにとても親切にしていただきました。
今はここ春日井市に家を建て落ち着きたいと思っています。
春日井市は
温かい人柄(近所の人が野菜を配ってくれる)
交通の便利さ(名古屋へも電車ですぐ)
子育てに優しい環境(保育手当がもらえる)
がとても魅力的だと思います。

引っ越してきたばかりの頃は・・・
何も知らないという孤独な状況だったので
ネットでお店の情報をよく調べていました。

私みたいに春日井市に移住してきた方や
私と好きなモノの好みが似ている方へ・・・
時々私の春日井のお気に入り♡を紹介したいと思います。
今日はカフェを紹介しますね。
こちらは味美白山町にある
Brown Cafe ブラウンカフェさん
a0321944_15153206.jpg
コーヒーが一杯ずつドリップで淹れてもらえます。
そして何よりうれしい♡のがポットには
替りのコーヒーも入ってるんです。
ちょっと変わった『ふすまパン』のサンドイッチもあり
ダイエット中でも安心です。
『ふすまパン』は糖質が低いので糖尿病の予防にも
なるそうですよ。
私は読書に集中したい時によく利用します。
外観も内装もハイセンスで気分もちょっと上がります。

気になる方はぜひ一度足を運んでみてください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif
子育て



by azuki_lo_kinaco | 2015-11-10 08:08 | 日常のこと | Comments(0)

インテリア・収納

おはようございます!
ご訪問いただきありがとうございますemoticon-0155-flower.gif

春日井市在住 ライフオーガナイザーの伊藤佳奈です。
ライフオーガナイズを通して暮らしの中にキラッと輝く宝石を。
こどもと暮らす楽しいヒントを考えています。


今日は我が家のヘアゴム&ヘアピンについてお話ししますねemoticon-0115-inlove.gif

我が家の女子3人はバトントワリングを習っています。
バトンのイベントや大会ではお団子ヘアにするため
3人ともロングヘアーです♡
髪の毛が細くてからまりやすいので
毎朝ゴムで髪の毛を結ぶのが日課です。

長女と次女は最近自分で髪の毛を結んでいます。
私が三女の髪の毛を結んでいる間、長女と次女は順番を待ちながら
自分で結べるようになるチャレンジしていたのはちょうど1年前です。
今は2人とも私の手直しが要らないくらいとても上手になりました。

「子供に自分でできる事」
が増えていくのは子育て中の喜びの一つです
よね♪

ただ最近の困り事は、ヘアゴムヘアピンのスペースが
いつもぐっちゃぐちゃになっていることです。a0321944_00145798.jpg














これが全部引き出し一段に入っていました。
選ぶのにも時間をかけて探すのにも時間がかかっていました。
三姉妹いくらオシャレ盛りにしても多いですよね・・・emoticon-0101-sadsmile.gif

オーガナイズの手法その1 
『分ける』大切なものや必要なものや好きなものを選ぶ 

シュシュ・・・25個 →22個へ
ヘアゴム・・・40本 →22本へ
飾りゴム・・・23本 →18本へ
ヘアピン・・・36本 →26本へ

今回「分ける」の判断はすべて子供に任せてみました。
子供たちが簡単に「いらない」と判断できたのは壊れてしまっているモノ
それ以外は長女・次女・三女それぞれに
「好み」があったり・・・
「思い出」があったり・・・
子供たちの判断基準は
「お気に入り」=「いる」 
「お気に入りじゃない」=「いらない」
ではありませんでした
子供の価値観大人の価値観には大きな差があるんですよね。
私から見たら正直「いらない」に間違いなく入ると思っていた
アレもコレも・・・残ったままです。

特にプレゼントでもらったモノ・手作りのモノに関しては
ひとつひとつにエピソードがあるようで・・・
その話で盛り上がる3人。
プレゼントをもらった時のうれしい気持ちが
記憶がemoticon-0152-heart.gifモノにくっついているようです。
前回のハンカチ整理の時も→園児でもできるオーガナイズ
ハンカチ1枚1枚に思い入れがあって減らすこと
ができませんでした。

アドバイスじゃなくて小言?!を言いたい
気持ちをグッとこらえ見ていました。

価値観の相違を認め合うのがライフオーガナイズ
なんだから・・・!!
オーガナイズの手法その1 
『整理する』選んだものを出しやすくしまいやすいところへ置く

今まで使っていたとこへ戻してみました。
アレレ・・・ほとんど前と変わってない!
それはきっとヘアゴムヘアピンの量があまり変ってないからです。
困り顔の三姉妹。
そこで私から今回初めての提案をしてみました。

「選んだゴムやピンの半分の量を引き出しにしまって
残りの半分はいったん他の場所へしまっておく」

「定期的に引き出しに入れておく中身を入れ替えたらどうかな?」

子供たちもそれならいい!と言ってくれました。
今回はこのように引き出しに収めました。
子供たちのアイデアでピンはこのようにかけておくと
便利かも?と新しい方法も試してみることにしました。
この方法がいいのか?よくないのか?
それはこれから使ってみて、しばらく試用期間にしてみようと
思います。

オーガナイズの手法その3
 
『続ける』きれいな状態を長く続ける

a0321944_13322656.jpg
 






















試用期間を経て新しい事(使いにくさなどの問題点)が分かってきます。
それも今回は子供たちに任せてみようと思っています。
我が家のヘアゴム・ヘアピンスペースは
まだまだ変わる予感がしていますemoticon-0136-giggle.gif
今後の変更はまたブログで紹介していきますね!


最後までお付き合い頂きありがとうございましたemoticon-0155-flower.gif


by azuki_lo_kinaco | 2015-11-07 08:08 | ライフオーガナイズ | Comments(0)

a0321944_20381917.jpg

読書会って?
なんか小学生に戻ったような響き☆
興味があり参加してみたかったので
行ってきました♪

春日井市在住、ライフオーガナイザー伊藤佳奈です。
ライフオーガナイズを通して暮らしの中にキラッと輝く宝石を。
子供と暮らす楽しいヒントを探しています。

M-cafe
って何だろう?
今回主催してくれた、
メンタルオーガナイザー村田佐智代さんに聞きました。
『しなやかに生きる心の片付け』(渡辺奈都子先生 著)を課題図書とし
全国のが開催している、読書会です。
さらに詳しい説明は
村田さん
のブログまで♪

今回私が参加して新たに発見したことは・・・
本って何回読んでもいいんだな~ということです。
『しなやかに生きる心の片付け』
を読んだのはこれで2回目でした。
1回目に読んだ時とはまるで違う本を読んでいるみたいでした。
本から響いてくる言葉や思いが変わっていました。
読んだ季節が違うだけなのに本から私に伝わる
言葉の重みも理解の仕方も前と違います。

1度目に読んだ時と2度目に読んだ間に
私にも大変な事が起こったり
考え方などに変化があったからかもしれません。

同じ本からの言葉がまるでこれからの人生のヒントのようにも思えました。

参加者全員の共通点はこの本1冊。
うまく説明できないのですが
1冊の本を共通点に他人と話をする事で
自分に得るものがあると感じました。

たった2時間でしたが実りある時間となりました。
もうすぐ寒い冬ですね
家でほっこり読書もいいですが
外に出る大人の読書会もオススメですよ!







by azuki_lo_kinaco | 2015-11-04 08:08 | ライフオーガナイズ | Comments(0)
先日、開業届を提出しに小牧税務署へ行きました。
私は春日井市在住なのですが届け出は小牧税務署になります。
初めて足を踏み入れる税務署になんともいえない緊張感でした。

春日井市在住、ライフオーガナイザー伊藤佳奈です。
ライフオーガを通して暮らしの中にキラッと輝く宝石を。
子供と暮らす楽しいヒントを探しています。

a0321944_17102192.jpg
「ライフオーガナイザー」として仕事を始めると決めてから
しばらくは覚悟を決められずにいました。

この秋開業届をきちんと出して逃げ道をなくす事に決めました。

結婚ではないですが、人生の節目をつけたかったのだと思います。

「ライフオーガナイザー」
は個人事業主が多いのが特徴です。
みんなが通る道と思っていざ税務署へ向かいました。

私にとって税務署のイメージは固い・怖い・暗い
警察署と似てるから?
似ているのは署という漢字がついてるだけかも?emoticon-0136-giggle.gif

脱税してるわけでもないのに、傍から見た私は
きっと挙動不審だったと思います。
もうひとつ、緊張の原因は記入に自信のない
開業届用紙を持っていたからだと思います。

受付で
「開業届を提出したいのですが、
用紙の記入に自信がないのでチェックをお願いしたいです。」
と正直に伝えました。
するとにこやかな受付の女性がすぐに担当の方をくれ呼んでくれましたemoticon-0100-smile.gif
少しほっとして奥のブースに座り
記入してきた用紙をチェックしてもらいました。

事業内容には
「ライフオーガナイザー」として整理・整頓業や講座開催を行う。
と書きました。
「ライフオーガナイザー」ってなんですか?
と絶対聞かれると思っていたのですが・・・
完全なスルーでした笑。
突っ込まれる気マンマンで自分の名刺やライフオーガナイズの本を
持って行ったのですがカバンから出す必要がありませんでした。

私としては・・・聞いてほしかった~!説明したかった~!

担当者の方は「ライフオーガナイザー」という職種があることを
知っていたのでしょうか?
それとも特に聞くも必要なかったのでしょうか?
いまだにそれは謎ですが
緊張していた私はいったい・・・?
じつは行きの車の中で「ライフオーガナイザー」についての
説明を一人シュミレーションしていました。

いつかこのシュミレーションが講座で役に立つといいな~と思い
記入ミスもなく無事に開業届を提出して帰ってきたのでした。

これからは帳簿もつけたり、確定申告も行わなくてはなりません。
無知な私は家に帰ってきて資料を読んでびっくり!!!
はるか遠い昔に単位を落とした簿記が載っていました!!!
苦手な事が・・・再び。

来週は再び税務署に行って、記帳指導を受けてきます。
個人事業主になるにはまだまだ勉強が必要なようです。
逃げ道はないので頑張るしかありません!
a0321944_17101270.jpg

by azuki_lo_kinaco | 2015-11-01 08:08 | 日常のこと | Comments(0)