愛知県春日井市在住 ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 4人の子育て真っ最中 


by ライフオーガナイザー伊藤佳奈
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「いのちの話」聞いてきました

a0321944_15152906.jpg
子供の小学校PTAで行われた

「いのちの話」~親子でいのち(性)を語るためのエッセンス~

セミナーに参加してきました。

参加理由はズバリ「性」の話をするのを苦手だと感じているから・・・039.gif
長女は10歳4年生、これからの成長に伴う身体の変化にどうやって話をして伝えていけばいいのか正直まったく自信がないからです。

子育てをする中で親なら逃げてはダメな事なんだと改めて感じました。



春日井市在住、
ライフオーガナイザー 伊藤佳奈 です。
心地いい空間でこどもとの楽しい時間を持ちたい!
あなたの整理の味方になりたいです



講師は助産師の梅木美恵子←clikさん。
美恵子さんも同じ春日井市在住の4人のお子さんを持つママです。
どんな質問にもハッキリ答えてくれる美恵子さん。
体験談を交えながらのお話はあっというまの2時間でした。

親が子供に正しい「性」の知識を教える理由・・・
それは大変なことが起こってしまってからでは、
大切な子供が一番傷ついてしまうから
と美恵子さんはおっしゃってました。

私が「性」について苦手意識があるのは、
私たちの親世代に「性」を語ることがタブー視されたという
時代の背景が関係しているようです。
親世代,特に女性は「性」は秘事と教育されていたそうです。
確かに我が家もラブシーンがテレビに出ると家の中の雰囲気が
気まずくなりました。チャンネルを無言で変えるとか・・・
オープンな雰囲気の家族ではなかったので、母親と直接「性」の話をしてない気がします。
時代の背景もあったのですね。

私は子供たちにちゃんと「性」について話そうと思いました。
私みたいな苦手意識がある人向けにオススメの本(そっと机において置くそうです)や
分かりやすい人体模型がある公共施設なども教えてくれました060.gif

ちょうど今、「コウノドリ」という出産をテーマに
いのちの尊さを描いてるドラマがあります。
出産シーンが毎回必ずあってかなりリアルです。
毎回私は泣いてしまうほど・・・007.gif
初回から録画をして子供たちと観ています。
10歳の長女から4歳の末っ子長男までかなり真剣に観ます。
ドラマを見ながら子供たちがいろんな質問をしてくるのですが
私はごまかすような事はしないで本当の事を伝えています。
子供たちの反応は・・・?「へーそうなんだ」と驚きもせず
いたって普通です。
受け入れがとてもスムーズな事に私が驚く感じです。
「性教育」は低年齢であればあるほど受け入れがスムーズで
自己肯定感も芽生えるそうです。

美恵子さんのセミナーに出ていなかったら、適当にごまかしていたかもしれません。

いのちのバトンは親から子供へ・・・
「性」の正しい知識も親から子供へ・・・

私はセミナーに参加して良かったです。
みなさんはどう思いますか?

最後まで読んで頂きありがとうございました056.gif



by azuki_lo_kinaco | 2015-11-18 08:08 | 学び